fc2ブログ
スターダストサクリファイス
気ままに更新。音ゲーやゲームの話題が半数、日常の話が半数。基本音ゲーはゲーセンにあるものならやりましたw
自尊心を満たすための道具じゃないわ。月夜の別人格は勝手?
そういえば今日は映画鑑賞教室でしたw
見た映画は「ホテル ルワンダ」
個人的に結構好きです。
あれは戦争の悲壮さと言うより、同じ人間と言う種族間での憎悪等が表現したのかなと思いました。
戦争の悲壮さはプラトーンなどで見なれてますが、民族間で紛争が起き、他の国から見捨てられるなどの行為は「28日後」や「ブラックホーク・ダウン」を思い出しました。

「28日後」はホラー映画となっていますが、根底には厄介事にかかわりたくない、自分の国じゃないから等の理由で派遣しませんでした。
「ブラックホーク・ダウン」はアメリカが必要最低限の犠牲ですむように人数を少数しか送りませんでした。
では「ホテル ルワンダ」は?
うちは今言った二つが合わさって更にもうひとつ理由が出来あがるという事を知りました。
世の中権力者当てにしてちゃ駄目なんだね。
「ホテル ルワンダ」の主人公は政府の上官などにコネを持ってたわけです。
そして内戦が起きて助けてもらおうとしたら、見捨てられたと・・・
確かに見捨てなかった人達もいましたがあまりに人数が少なすぎましたね。
見ていろいろ考えさせられる映画でした。

そのあと家に帰って「バッドボーイズ 2BAD」を見たわけですが
マーカス(マイクかな?)が「どうして話し合おうとしないんだ!話し合えば解決するかもしれないのに!」というセリフが。
確かにバッドボーイズはアクション映画ですが、今日は違った印象を受けました。
映画って組み合わせてみたりすると印象が変わったりするんですね。
うちもまだまだだなぁ・・・
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://bloodydead.blog66.fc2.com/tb.php/45-416cec3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック