fc2ブログ
スターダストサクリファイス
気ままに更新。音ゲーやゲームの話題が半数、日常の話が半数。基本音ゲーはゲーセンにあるものならやりましたw
檻に向けて放っても、看守が許さなければそれは届かない。
筋肉痛が取れない・・・
故に体力的にピンチ・・・
今日はいろいろと精神的にもきてる・・・
精神体と対峙するとどうしても物質に関している分こちらの方が弱くなると思うのですが?
まぁそんな感じで久々に力を使えてスカッとさわやか?
一応収まったからいいのかな?

昨日書いた日記をある友達曰く「お前詩を書けよw」的なことをいわれましたw
無理!
難しいもんなぁ・・・
昨日の日記は自分だけではなく結構身の回りの人に対してもあったのですが・・・
どれだけ見たことか・・・
多分ほとんど見ていないんだろうなぁ・・・
自分の考えが不信や怒りで詰まってるときに他人の意見を聞くのは難しいだろうけど・・・
世界は鏡じゃないんだからそこから出てきて考え方を取り入れればいいのに・・・
正直社会に出てからいろいろと苦労すると思うけどなぁ・・・

そういえばうちの性癖等々の話を友達がして新たにひいてたのですが・・・
特に問題なし?w
ある意味世間に触れてるわけですし、個人的にはひかれても問題はありませんからねぇw
しかも笑い話のネタになってる(?)ので放置で。
それに絡むのも結構大変なんでw

個人個人に器の量は決まっているのでしょうか?
自分的には諦めない限り無限大に広がっていくと思います。
諦めたり妥協してしまった瞬間その器はもうそれ以上大きくならないんですね。
世界ではいろいろなことが起こっています。
その事象に目を向けたり自然に目を向けることがどれだけ大変なことでしょう。
自分で世界を閉じることによって安息は得られるかもしれませんが、そこからその人の器は大きくならずそのため殺人等々・・・
人を殺すことにためらいが無くなったら生物ではない。
そもそも「殺す」や「死」というものは発するだけでも少なからず?のイメージを与えます。
世間でその言葉が乱発されてるから殺人が起きやすくなってるのでは?
だけど結局はその生物次第。

根源は堕落しているならばその根源を滅することはたやすい。
だが、根源の一部分だけが腐ってるのならば他のはそのままに腐ってる部分だけを取り除かなくてはならない。
驕りすぎている人々がいる。
自分で閉じこもっている人がいる。
離れたくないから自分を殺して賛同するものがいる。
そして迫害される物が生まれる。
その人々にとって迫害したいものは「者」ではなく「物」。
そして自分は正しいと思っている。
正義は千差万別。
自分は正義。相手は悪。
相手は正義。自分は悪。
どちらとも自分が正義。周りに目を向けることが出来ない。
そして勝つためには手段を選ばず力が勝つ。

個人個人の問題だろうが国の問題だろうがこの「人間らしい」行動がある限り争いは無くならず、いじめもなくならないのでは?
またまた自分に問いかけてみました。
こうやって綴ってみるとやはり自分も悪いところがあると理解してしまいます。
ただし相手がこの気持ちを受け取る気がない以上私が理解しても仕方が無いのでしょうか?
もう進路も決まる年頃なんだから、大人になってもいいと思うんだけどねぇ・・・





最後にちょっと主観入っちゃったw
あと殺人や社会の定義は勝手に自分が思っていることです。
思ったことがあればどんどんコメントしてくださいm(_ _)m
スポンサーサイト